コアのシステム 1.たくさんの英語をたくわえる

どうしたら母国語を学ぶように英語を学ぶことができるのだろうか?

わたしたちは、、英語の習得は「母国語習得」の自然な流れにならっておこなわれるべきだと 考えています。「母国語習得」の流れでは、だれもが生まれてから自然に自らのネイティヴ・ランゲ-ジを習得します。だれもがこのような形で学習する ことができれば理想的ですが、国内には、環境の中に、 「大量に、空気のように」しかも自然な英語表現にふれられる場がありません。しかも「それを使わなければ生きていけない」という必然性もありません。だれでも「自然に、楽に」 英語を習得したいと思っていますが、母国語との言語量の圧倒的な差はいかんともしがたいものがあります。つまり、日本での英語教育は、環境のない、必然性のないところで行なう「外国語教育」なのだから 大量の英語表現にたくさんふれさせることが必要最低限のこととなります。ところが、それはとても困難なのです。いったい、どうすれば「大量の英語表現」にふれ、英語力を蓄積していくことができるのでしょうか。

「音」があれば、たくさんのことばが耳からはいる。

そこで「音声」=CDが登場します。「CDをきけば、英語ができるようになる。」 なぜなら、英語はことばであり、音声とともにあるからです。たとえば単語ひとつとってみても、その音が入っているかいないかで、記憶できる かどうかが決まります。日本語のことを考えてみてください。 もし、読み方のわからない漢字の熟語をおぼえて書けと言われたら 、どんなにたいへんでしょう。 音のないところで英語の勉強をするのはそれと同じことです。CD(音) による大量のインプットがあれば、 英語の勉強はほんとうに楽になります。単語にとどまらず、センテンスの読解、ヒアリング、発音の問題まで、「CDをきく」ことによってたくさんのことが解決できます。コア英語教室の基本は、「CDをきくこと」 「音読すること」です。「音」によってこそ、大量のインプットが可能になり、環境、場の不足を補うことができます。わたしたちは、英語による 「物語CD」を教材の中心においています。

CDをきいている子どもたちの英語力はすごい!

コアの生徒は、1日1回、これらのCDを聞くことが課題です。 小学生におけるクラス活動の中心は、この「物語CD」の作品をくりかえして何度もきき、英語の劇をつくりあげることです。
物語だからこそ、不自然ではなく、生きた英語を聞くことができます。劇の中での ロールプレイにより、 英語の「場」をつくることができます。劇の発表会は、子どもたちの暗記をうながし、CDを聞くという目的にそったものであると同時に、 、ことばの 持つ本来の意味が生き生きと使われる場でも あります。「物語」による英語学習の経験をした子どもたちはより高いステップへと飛び立つことができます。

>> 2.英語のならび方は日本語とはちがう